生活習慣病にならないためのナビ

生活習慣病予防にはこんにゃく

生活習慣病のひとつである糖尿病や肥満に悩んでいる方には、こんにゃく料理をお勧めします。

 

食物繊維がたっぷり入っているこんにゃくはカロリーがとても少なくて、ダイエットをしている方にとっては強い味方です。

 

こんにゃくは腸内に溜まった脂質や老廃物を排出させるパワーがあり、便秘に効きます。

 

また、生活習慣病の高脂血症やがんを予防する働きもあります。

 

それ以外でも、美肌成分として話題になっているセラミドも含まれます。

 

セラミドは角質層に存在し、お肌を潤して外部からのストレスから守ったり、メラニンの合成を阻止して、白く美しいお肌を生成します。

 

お肌の衰えが気になる方からは注目されている食材で、いろいろなメニューに利用できますから、手軽に生活習慣病予防ができるでしょう。

 

あと、グルコマンナンというこんにゃくの主成分には、コレステロール値を正常化させる機能があるといわれます。

 

コレステロールが普通より高い値になると高脂血症などにかかり易くなります。

 

カリウムも豊富に入っているため、高血圧の原因となる塩分(塩化ナトリウム)を体から出す助けをしてくれます。

 

こんにゃくは生活習慣病予防にぴったりですね。

 

ダイエット効果をもっとあげたいなら野菜と組み合わせたレシピがベストで、こんにゃくの田楽やお刺身などは油もほとんど使わないので、カロリーがたいへん少ないダイエットメニューになります。

 

近頃は米の形をしたタイプのものもあり、見たところこんにゃくだと気が付かないものもあるようです。

 

生活習慣病予防のためにこんにゃくを食べて、身体の内側からスッキリさせましょう。

生活習慣病予防にはこんにゃく関連エントリー