生活習慣病にならないためのナビ

生活習慣病予防には緑黄色野菜

生活習慣病を防ぐのに効果があるとされる食品に緑黄色野菜があります。

 

β-カロテンを大量に含む野菜であり、ピーマン、トマト、ニンジン、カボチャ、ブロッコリーやほうれん草に小松菜が代表的です。

 

どうして、生活習慣病の予防に効果的だとされているのかといえば、緑黄色野菜にはビタミン・ミネラル・食物繊維がたっぷりと含まれおり、カルシウムやカリウム、鉄分なども白菜のような淡色野菜と比べると2、3倍も多いのです。

 

特にβ-カロテンは、生活習慣病予防に有効な高い高酸化作用があり、身体の機能を調整してくれる成分が豊富ですので、健康維持にはぴったりの食材です。

 

食物繊維が大量に入っていることもお勧めの理由で、血糖値上昇を抑えたり、生活習慣病であるがんにもかかりりにくくします。

 

そして、活性酸素を抑制するポリフェノールも含有しています。

 

ポリフェノールは身体の若さを保たせる効果もありますので、生活習慣病になるリスクを減少させ、老化防止に力を発揮することで評判の成分ですから、日頃から食べておきたいですね。

 

大人が一日で必要とする野菜の摂取量は350gです。

 

その内で、理想的な緑黄色野菜の摂取量は120g以上とされています。

 

日本人は野菜不足とされており、平均するとだいたい270gしか多べていないと言われていることからも、サラダやおひたし、野菜の煮物などの副菜を追加してメニューを工夫するとよく、また、野菜ジュースなども簡単に摂れる方法です。

 

生活習慣病予防に気を付けるなら、毎日の食事で進んで緑黄色野菜を食べるようにしましょう。

生活習慣病予防には緑黄色野菜関連エントリー