生活習慣病にならないためのナビ

生活習慣病におすすめの運動

生活習慣病にならないためには運動が大切です。

 

良いとされるのが有酸素運動で、その中でウォーキングは、誰でも簡単気軽に行えるとても人気がある生活習慣病改善法です。

 

しかし、行う時には注意したいコツがあります。

 

歩く時には両腕をしっかり振って、歩幅も普段歩く時よりも心持ち大きくしながらリズミカルに歩きます。

 

かかとから着地することを意識し、つま先〜かかとまでの足裏全体を使って体重を支え、最後は軽くキックするように蹴り出します。

 

また、悪い姿勢のままではじめると疲れる原因となりますから、せっかく生活習慣病予防のために始めても長続きしないでしょう。

 

正しい姿勢で、背筋を伸ばして歩くようにしましょう。

 

ウォーキングは約30分〜1時間ぐらいの時間を行い、週に2、3回はするようにしたいですね。

 

この他に、生活習慣病の肥満解消にはスイミングも効果があります。

 

肥満だと体重が関節に負担をかけてしまい、思うように身体を動かすことができないことがありますが、水中では浮力のおかげでヒザや腰に負担なく運動できます。

 

さらに、水で冷たくなった体を温めようとする力が働くことによって、代謝が良くなり痩せやすい体内環境になり生活習慣病が改善されていきます。

 

全身運動ですので消費カロリーも多く、持続させることで間違いなく痩身効果が出でてきます。

 

また、サイクリングやジョギング、ヨガにエアロビクスなど、ダイエット効果のある運動はいくつもあります。

 

自分の体力に合った運動を選んだり、短い時間から始めて慣れたら少しづつ長くしていくなど、行う方法を工夫すれば無理なく続けられるでしょう。

 

このようなことで、生活習慣病の予防と改善には有酸素運動はおススメなのです。

生活習慣病におすすめの運動関連エントリー