生活習慣病にならないためのナビ

生活習慣病予防の食生活

生活習慣病予防を普段の生活の中で行っていきたいなら、まず始めに食生活から取り組みませんか?

 

健康でいるためにも食生活を気を付けるのは大切なことです。

 

生活習慣病を体に優しい食事で防ぎましょう。

 

高カロリー・高脂肪のメニューは生活習慣病になる主な要因のひとつですので、脂肪の少ない低カロリーで野菜をたっぷり食べ、栄養バランスのよい食事を心掛けます。

 

基本的にはヘルシーなダイエット食がおススメとされますが、脂肪燃焼を向上させるタンパク質や、ビタミンDやAなどの脂溶性ビタミンの吸収を助ける脂質も適当な量を食べるように努めましょう。

 

全く魚や肉を食べない、脂肪分が入ってない食材ばかりを口にするような食事は、反対に体調不良の原因になりますので、栄養の偏りがないようなメニューを考えます。

 

一方、生活習慣病では味付けが濃い食事も問題です。

 

中でも塩分は摂取し過ぎると動脈硬化を進めてしまうことからも、薄味にして1日10g以下になるようにしましょう。

 

同じように糖分の摂り過ぎもよくありません。

 

砂糖などの糖分は脳活動のエネルギーになったりして体のためには欠かせない成分ではありますが、多くの量を摂ると肥満や糖尿病になってしまいます。

 

特に羊羹やケーキなどの甘いものには大量に含まれますから、食べ過ぎは控えるようにしましょう。

 

さらに、ビタミン・ミネラルが豊富な野菜をしっかり食べましょう。

 

ダイエットに関して言っても野菜をたくさん食べることが成功のポイントです。

 

野菜が嫌いな方なら、野菜ジュースなどを使うのも良いアイディアです。

 

健康的な食生活を送って生活習慣病を防ぐようにしましょう。

生活習慣病予防の食生活関連エントリー