生活習慣病にならないためのナビ

生活習慣病の検査

生活習慣病を予防するためには、定期的な検診がとても大切です。

 

こちらではどのような検診をするのか、検査項目などについてご紹介します。

 

生活習慣病についての検診には、公的な検査である生活習慣病予防検診や特定健康診査、一般検診、個人で受ける健康チェックの人間ドックなどがあります。

 

検診の多くは問診から始まり、尿検査で尿酸値や血糖値といった検査を受け、血液検査も行われます。

 

また、生活習慣病ではかかりやすい血圧も測り、身長・体重を計る身体測定もあります。

 

心電図検査やレントゲン検査、肺機能検査、眼底検査、腹部超音波検査、胃内視鏡検査もあります。

 

もっと詳しく生活習慣病の検査をする時には、大腸がんなどが発症してないか調べる検診などを行うこともあります。

 

もし病気が見つかっても早期発見になるように、様々な検査で隙間なく調べられます。

 

とりわけ重視されるのが、尿検査や血液検査でしょう。

 

尿や血液は体内環境のバロメーターと言われていて、中性脂肪、コレステロールの数値から動脈硬化などの生活習慣病を発症しているかの判断ができます。

 

検診の申し込みは、公的な検診なら健康保険協会に受診を申し込んでください。

 

人間ドックなど、健保対象外の検査の場合、直接受診したい病院に申し込みましょう。

 

生活習慣病の検診費用は検診機関によって違いますが、受診者の負担は一般検診では最高で7,000円弱ほどです。

 

人間ドックは自由診療であるため費用も病院によってまちまちで、日帰りコースで3万円〜5万円、検査費用が高いPET検査を行うと1回10万円以上することもありますので、好みの人間ドックを選ぶようにしましょう。

 

健康を維持し、生活習慣病を防ぐためにも毎年検査は受けるようにしたいですね。

生活習慣病の検査関連エントリー