生活習慣病にならないためのナビ

生活習慣病を予防するものは?エントリー一覧

生活習慣病予防には大豆製品
生活習慣病を防いだり、症状を改善するためには、毎日のメニューや運動などを気を付けなければなりません。特に食生活は健康を保つためにも重要なポイントとなりますので、身体によくて生活習慣病予防にもなる食事を摂りたいですね。昨今の食事はカロリーオーバーでタンパク質や脂肪を摂り過ぎる特性があります。同時に野菜も足りてない場合が多いですので、栄誉バランスの良い食事になるようにしましょう。数多くある食材の中でお勧めなのが大豆製品です。「畑の肉」と呼ばれており大豆には、良質のタンパク質が含まれます。ダイエットす...
生活習慣病予防にはこんにゃく
生活習慣病のひとつである糖尿病や肥満に悩んでいる方には、こんにゃく料理をお勧めします。食物繊維がたっぷり入っているこんにゃくはカロリーがとても少なくて、ダイエットをしている方にとっては強い味方です。こんにゃくは腸内に溜まった脂質や老廃物を排出させるパワーがあり、便秘に効きます。また、生活習慣病の高脂血症やがんを予防する働きもあります。それ以外でも、美肌成分として話題になっているセラミドも含まれます。セラミドは角質層に存在し、お肌を潤して外部からのストレスから守ったり、メラニンの合成を阻止して、白...
生活習慣病予防には緑黄色野菜
生活習慣病を防ぐのに効果があるとされる食品に緑黄色野菜があります。β-カロテンを大量に含む野菜であり、ピーマン、トマト、ニンジン、カボチャ、ブロッコリーやほうれん草に小松菜が代表的です。どうして、生活習慣病の予防に効果的だとされているのかといえば、緑黄色野菜にはビタミン・ミネラル・食物繊維がたっぷりと含まれおり、カルシウムやカリウム、鉄分なども白菜のような淡色野菜と比べると2、3倍も多いのです。特にβ-カロテンは、生活習慣病予防に有効な高い高酸化作用があり、身体の機能を調整してくれる成分が豊富で...
生活習慣病予防の食生活
生活習慣病予防を普段の生活の中で行っていきたいなら、まず始めに食生活から取り組みませんか?健康でいるためにも食生活を気を付けるのは大切なことです。生活習慣病を体に優しい食事で防ぎましょう。高カロリー・高脂肪のメニューは生活習慣病になる主な要因のひとつですので、脂肪の少ない低カロリーで野菜をたっぷり食べ、栄養バランスのよい食事を心掛けます。基本的にはヘルシーなダイエット食がおススメとされますが、脂肪燃焼を向上させるタンパク質や、ビタミンDやAなどの脂溶性ビタミンの吸収を助ける脂質も適当な量を食べる...
生活習慣病におすすめの運動
生活習慣病にならないためには運動が大切です。良いとされるのが有酸素運動で、その中でウォーキングは、誰でも簡単気軽に行えるとても人気がある生活習慣病改善法です。しかし、行う時には注意したいコツがあります。歩く時には両腕をしっかり振って、歩幅も普段歩く時よりも心持ち大きくしながらリズミカルに歩きます。かかとから着地することを意識し、つま先〜かかとまでの足裏全体を使って体重を支え、最後は軽くキックするように蹴り出します。また、悪い姿勢のままではじめると疲れる原因となりますから、せっかく生活習慣病予防の...
生活習慣病と定期健診
生活習慣病にならないようにするには定期的に検診を受けることが大切だとされます。なぜなら、生活習慣病の多くは自覚症状がないからです。糖尿病や高血圧、動脈硬化は、自覚が全然ないままに進行してしまい、気がつく頃には悪化している状態になっていることが多々あるようです。これと言って気になる症状のないままで検診を受けて、そこで初めて重症になっていたことが発見される場合もあります。日常生活の中の好ましくない行為が蓄積されることで起きる生活習慣病ですから、知らず知らず陥ってしまうのです。ですから、予防の第一歩は...
生活習慣病の検査
生活習慣病を予防するためには、定期的な検診がとても大切です。こちらではどのような検診をするのか、検査項目などについてご紹介します。生活習慣病についての検診には、公的な検査である生活習慣病予防検診や特定健康診査、一般検診、個人で受ける健康チェックの人間ドックなどがあります。検診の多くは問診から始まり、尿検査で尿酸値や血糖値といった検査を受け、血液検査も行われます。また、生活習慣病ではかかりやすい血圧も測り、身長・体重を計る身体測定もあります。心電図検査やレントゲン検査、肺機能検査、眼底検査、腹部超...
生活習慣病と睡眠
生活習慣病と睡眠は、実は深いかかわりがあることが解明しています。睡眠が足りないと、不眠症や睡眠時無呼吸症候群などを発病するとされ、これらは生活習慣病の一種です。体や脳を休めて生命力を与えてくれる睡眠は、不足してしまうと体調を崩しやすくなったり、疲れやすくなったり、集中力が落ちてしまいがちですね。睡眠は健康維持にとっても非常に大切です。生活習慣病の防止にもしっかり睡眠を取ることが大事で、不十分だと肥満や糖尿になるリスクを高めるというデータがあります。睡眠時間と体重、及び生活習慣についての調査では、...
生活習慣病と入浴
生活習慣病を悪化させる原因にストレスがあります。精神的な負担は身体にも悪影響を与えますから、ストレス解消をしてくつろぐことのできる時間をつくるのは生活習慣病予防にも有効です。ストレス解消は適度な睡眠や運動、趣味などでできます。睡眠不足は生体リズムを乱し、糖尿病や高血圧を進行させる原因にもなりますので毎日7時間ほどの睡眠時間をとるようにしましょう。運動は気分転換にも最適で、血液流れを良くして体内をスッキリさせる働きもあります。好きなことをしていると知らない間に緊張がほぐれ、リラックスした気分になる...