生活習慣病にならないためのナビ

生活習慣病の高血圧とは

生活習慣病で患う方の数が多いのが高血圧です。

 

血圧は年齢を重ねると共に上昇していく傾向がありますが、生活習慣病の症状がある方は余計に上がりやすくなります。

 

高血圧に関する研究や学会をとりおこなっている日本高血圧学会によると、血圧の正常値は、収縮期血圧が130mmHg未満、拡張期血圧は85mmHg未満とされています。

 

高血圧だと診断されるのは、上が140mmHg以上、または下が90mmHg以上の時。

 

高血圧になる要因は、肥満や塩分の摂り過ぎ、飲酒やタバコ、またストレスを受けても血圧は上がりやすく、体質や遺伝的なものによって血圧が高いという方もいます。

 

女性の場合、血圧が上がっていく理由として閉経後に女性ホルモンの分泌量が減ることだといわれています。

 

それから、生活習慣病は自覚症状がないことが多々あるのですが、高血圧の場合はめまいや頭痛・耳鳴りがあるケースもあるとはいえ、全く症状が出ない方もいます。

 

発見が遅くなって、知らない間に悪化し、脳卒中や虚血性心疾患、心不全、心肥大などの合併症を引き起こしてしまうこともあるのです。

 

予防するには、減塩を心がけ、禁酒・禁煙に努めるようにしましょう。

 

治療に運動を取り入れるのも効果的ですが、重度の高血圧、または心不全や重度の眼底網膜病変などを発症している場合は運動するのは危険です。

 

医師と相談しながら行い、無理をせずに体を動かすようにしましょう。

 

正しい治療を受け、毎日血圧チェックをして自分の状態を充分に把握しておくのも肝心です。

 

高血圧は生活習慣病に含まれている症状です。

 

日頃のメニューに気を配ったり、運動不足にならないようにし、ストレスを溜め込まないように心がけるといったことから予防することができまので、血圧をコントロールしましょう。

生活習慣病の高血圧とは関連エントリー