生活習慣病にならないためのナビ

生活習慣病と食生活

もう随分前から、生活習慣病が増加してきたと言われていますね。

 

近年、メタボリックシンドロームも注目されるようになって、生活習慣病と密接な関係があるのではないかと指摘されています。

 

そのひとつに食事スタイルの変化が考えられます。

 

日本には和食という伝統的な食文化があります。

 

しかし、ファーストフードや洋食など、食の欧米化が進んでいくことで、、和食と比べて高カロリーな食事が好まれ始めました。

 

また、外食産業も市場を拡大させ、食文化は本当に豊かになってきています。

 

その一方、生活習慣病にとっては厄介な脂肪(中でも動物性脂肪)や糖分を必要以上に取る結果を招いています。

 

もちろん、西洋文化が入ってくることで体にとって大切な栄養分であるタンパク質を補給できたり、日本人が不足しがちなカルシウムなども牛乳やチーズなどから摂取できることからも食事スタイルの変化は歓迎すべき点がたくさんあるとも言えます。

 

それでも、栄養を過剰に摂り過ぎることが多くなる点が問題で、肥満に苦しむ方は堅実に増加しているようです。

 

さらに、日本人はもともと飢えに備えて脂肪を溜め込みやすい遺伝子を持っているそうです。

 

食生活の変化と太りやすい体質という、二重の理由から肥満になる方が増加し、糖尿病や高脂血症、高血圧を発症しているようです。

 

それ故食生活を見直すことは、生活習慣病を予防するにとても大切なのです。

 

普段から和食中心のメニューにしたり、栄養バランスの取れた食事を取るように気を付けましょう。

生活習慣病と食生活関連エントリー