生活習慣病にならないためのナビ

生活習慣病と女性

生活習慣病にかかるのは30代以降の男性が多いと言われていますが、女性の患者さんもたくさんいます。

 

女性にとって健康と生理の関係は深く、閉経を迎えてから生活習慣病に罹かかる方が多いとされます。

 

閉経してからの女性の体は、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンの分泌量が減少してしまい、いろいろな不調が出始めます。

 

卵胞ホルモンとも呼ばれるエストロゲンは、子宮や乳腺の発達に不可欠なホルモンで、女性らしい丸みのある体型に導きます。

 

さらに、HDLコレステロール(善玉)を増加させ、LDLコレステロール (悪玉)を減少させてくれます。

 

また内臓脂肪を分解を助けて食欲を抑制する効果もあります。

 

そして、生活習慣病予防のために重要な動脈硬化を起こしにくくする働きを持っています。
プロゲステロンですが、こちらは排卵を抑える役割がある黄体ホルモンで、妊娠・出産に必要なホルモンとして知られます。

 

プロゲステロンには血糖値を正常に保ち、体脂肪を減らすという機能もありますので、分泌が減少すると太り易くなるという問題があります。

 

また、高齢なった女性は骨粗しょう症になる方が増加してきます。

 

生活習慣病のひとつであり、ホルモンが減少することで骨密度が下がり、骨がもろくなることから骨折することが増えてベット生活になるきっかけにもなる病気です。

 

体内の女性ホルモンが減ってくると、生活習慣病はかかりやすくなるということです。

 

病気予防の面からも、食事やホルモン剤で補って、ずっと健康と若々しさを保ちたいですね。

生活習慣病と女性関連エントリー