生活習慣病にならないためのナビ

生活習慣病と歯周病

生活習慣病の恐ろしさは歯にも現れます。

 

歯周病は毎日の生活の蓄積により発症します。

 

原因は、歯石や歯垢(プラーク)、歯並びの悪さ、悪い咬合、歯ぎしりなどで、鼻呼吸ではなく口で呼吸するクセがある方も歯周病になりやすいようです。

 

大部分の方が毎日歯磨きを行っているのに虫歯がなくならない理由は、体質も関係しますがしっかり歯垢を落とし切れなかったことや、砂糖が大量に含まれる物を食べた直後に磨かないことなどが理由のようで、日本人の実に半分が歯周病にかかっているとされています。

 

そして、生活習慣病からも歯周病は併発してしまいます。

 

糖尿病から発症する場合では、免疫系に障害を起こるため、歯周ポケットに潜む細菌を食べる白血球の働きが低下し、抵抗する力がなくなって歯周病になるのです。

 

さらに、女の人は閉経後に女性ホルモンが減少するので骨粗しょう症にかかりやすくなり、歯の周辺組織に問題が起こってきます。

 

生活習慣病予防を考えると禁煙することが重要ですが、タバコも歯周病のリスクを高める原因になります。

 

血管を収縮させて全身の血流を妨げるニコチンは、歯茎にも悪い影響を与えます。

 

ビタミン不足や疲労、ホルモン異常が原因になる場合もあります。

 

さらに、高血圧などの生活習慣病も原因のひとつになります。

 

歯周病を防ぐには正しい歯磨きと、溜まった歯石などを取り除いたり歯科医による適切な治療、そして、生活習慣病の方はそうでない方よりも歯周病にかかりやすいとされます。

 

普段から生活習慣に気を配っておくことが大切でしょう。

生活習慣病と歯周病関連エントリー