生活習慣病にならないためのナビ

生活習慣病の糖尿病とは

生活習慣病の一つである糖尿病は、血液の中のブドウ糖濃度が異常に高くなる病気です。

 

食事をすると体内ではエネルギー源に変えるために食物を消化吸収しますが、その時に細胞の中にブドウ糖を取り込む働きがあるインスリンが何らかの原因で機能が落ちたり、あるいは分泌されなくなってしまうと、細胞に運ばれるはずだったブドウ糖がそのまま血液中に留まり高血糖の状態になってしまいます。

 

このような状態が続いていることを糖尿病と言うのです。

 

生活習慣病である糖尿病はT型とU型に分けられます。

 

T型は先天的なもので、インスリンを出す、すい臓にあるランゲルハンス島のβ細胞が正常に働かない、または破壊されている場合に起き、一生、インスリンを投与していかなければなりません。

 

生活習慣病として注目されるのはU型のタイプで、暴飲暴食、運動不足が主な原因です。

 

肥満など他の生活習慣病と同じ様に、糖尿病も自覚症状がない方がいるとされますが、のどが渇きやすくなったり、手足にしびれがある、頻尿になるといった初期症状が出る方もいます。

 

糖尿病は合併症を起こすことが多いのも問題で、その中でも腎症・網膜症・神経障害の糖尿病性三大合併症が有名です。

 

また生活習慣病の中に入る心筋梗塞なども発症してしまいます。

 

糖尿病性昏睡に、白内障や歯周病、胆のう炎、膀胱炎、便秘、肺炎などいろいろな疾病を招く原因となるので、予防対策と治療はかなり重要になります。

 

良くするためには、正しい治療と、食事療法、そして週2〜3回の運動を取り入れると効果的です。

生活習慣病の糖尿病とは関連エントリー