生活習慣病にならないためのナビ

生活習慣病の初期症状

生活習慣病は生活習慣の積み重ねから発症し、30〜40代で発症する場合が多いと言われています。

 

発症していることに気づかないこともよくあり、体調の変化にはいつも注意しておきたいものです。

 

生活習慣病のなかの高血圧・糖尿病・高脂血症は、初期症状が現れることが少なく、いつの間にか進行してきてしまい、具合が悪化してきて始めて病院で検査を受けたらかなりの重症であったというケースは珍しくありません。

 

自覚症状にはどのようなものがあるのか知っておくことは大切でしょう。

 

生活習慣病でもかかりやすい病気に高血圧がありますが、高血圧は初期の頃に頭痛がしたり、めまいや耳鳴りを感じることがあります。

 

疲れた時などにもよくあるような症状なので、つい見過ごしがちですから注意しておきましょう。

 

高脂血症になった場合は、まぶたが黄色くなる、または膨らんでくるという症状があります。

 

その他に、足首が太くなるなど、見た目の変化があるので、日常的に顔や体を鏡で見るようにすると気が付きやすくなるでしょう。

 

そして、生活習慣病になりやすい世代では肥満が進み糖尿病になってしまうことにも悩まされます。

 

糖尿病の初期症状にはや汗かきになったりのどが渇いたり、トイレが近くなったり、足がつったりなどがあります。

 

どれも普段から体調に気を配っていなければ見過ごすような症状が多く、分かりづらいですね。

 

しかし、中には全く自覚症状のない方もいらっしゃいますので、病院で検査を受けるのはとても大切になってきます。

 

生活習慣病の初期症状にはとても注意し、定期的な検診を忘れないようにしましょう。

生活習慣病の初期症状関連エントリー