生活習慣病にならないためのナビ

生活習慣病とストレス

生活習慣病を悪化させるものにストレスがあります。

 

ストレスは心と体の不調の原因となり、時には健康被害を起こしてしまうこともあるので、ストレス解消は大切です。

 

ストレス社会ともいえる現代社会、時間に追われてくつろぐことがなかなか出来ず、成果主義も手伝って、仕事でも常に結果を求められる息が詰まるような生活を強いられていることも多いでしょう。

 

子供でさえ、学校での人間関係や受験のストレスを抱え込んでいます。

 

ストレス解消のため、煙草を吸ったり、暴飲暴食を繰り返す方もいますが、そんなことをしていては、生活習慣病になる危険性をを高めてしまうことになります。

 

また、ストレスが溜まると精神的な負担が大きくなり、うつ状態になってしまうことも。

 

うつ状態になると不安感などからアルコールの量が増えたり、やる気がなくなり運動を全然しなくなって肥満から生活習慣病になりやすくなるケースも考えられます。

 

もっと深刻なのが、不安・抑うつ状態では生活習慣病の病因である「インスリン抵抗性」を引き起こすことがあるということです。

 

インスリン抵抗性とは、血糖値を下げる機能のあるインスリンが効きづらくなるもので、生活習慣病の代表的な疾病である高脂血症や高血圧、高血糖を引き起こして動脈硬化などにしてしまいます。

 

また、ストレスが原因で過食してしまい、糖尿病や肥満になる方もいます。

 

几帳面で真面目な性格だとストレスをより感じてしまうそうです。

 

たまには休養をとり、必要なだけの睡眠、またはスポーツを楽しむ、好きな趣味に打ち込む、といった方法でストレス解消しましょう。

 

ストレス対策は、生活習慣病の予防にとってもとても大切です。

生活習慣病とストレス関連エントリー