生活習慣病にならないためのナビ

生活習慣病とアルコール

生活習慣病の疾病の中で、アルコールが原因により発症するものの代表はアルコール性肝障害です。

 

1日で、ビールを大瓶3本以上、日本酒なら3合以上飲むことを習慣づけていると肝機能が低下して衰えてしまい、生活習慣病になってしまいます。

 

アルコールは肝臓で代謝されますが、分解される過程でアルコール脱水素酵素(ADH)により有毒のアセトアルデヒドに変わって、さらにアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の働きで酢酸に代謝されます。

 

体重60キロの方なら、肝臓で代謝できるアルコールはおおよそ大瓶1本の三分の一、日本酒は三分の一合と言われていますから、これより多くのアルコールを飲むと肝機能が分解できる量を超えます。

 

容量以上のアルコールをとると肝臓は大きなダメージを受けて、生活習慣病を進行させてしまうでしょう。

 

それに、アルコールによって傷ついた肝臓は、アルコール性肝炎、肝硬変、そして肝がんへと進んでいってしまうのです。

 

すぐ疲れてしまう、発熱、黄疸、腹水や腹部右上の痛みなどがアルコール性肝炎の症状です。

 

もし思い当たるものがあるなら、医師の診察を受けておくと安心でしょう。

 

肝がんは生活習慣病の中でも死亡率が高く、治療も難しいことが多いので、予防はしっかりするようにしましょう。。

 

習慣的にお酒を飲んでいる方はなおさら気を付けなければなりません。

 

もうすでにアルコール性肝炎になっているのなら、治療としてお酒を止めるが絶対条件になります。

 

アルコールは薬効効果もありますが、生活習慣病を予防するためにも量を抑え、無理な飲み方はやめましょう。

生活習慣病とアルコール関連エントリー