生活習慣病にならないためのナビ

生活習慣病と外食

生活習慣病の方にとって厄介なのが外食をする時です。

 

外食で出されるメニューの大半は外見が華やかではありますが、カロリーが高く、油も塩分もたくさん含まれています。

 

パンやご飯などの主食がメインになっているものや野菜がほとんど入ってないものもあり、外食だけでは健康的な食生活は送れないでしょう。

 

自分の家で食事をする習慣がない方もいて、生活習慣病を防ぐには難しい場合もあるようです。

 

それに、家族や仲間同士での外食は楽しいものです。

 

つい食べ過ぎたり、お酒を飲み過ぎたりすることも多く、外食ばかりになると胃がもたれたり、体重が増えてしまうこともあるでしょう。

 

生活習慣病に陥らないようにするには外食する時にも注意が必要なのです。

 

肥満などにならず、それでいて楽しく外食するためには、食べる時のポイントをうまく押さえましょう。

 

まずひとつ目は、なるべくセット物を選ぶことです。

 

例にあげると、スパゲッティだけ、ラーメンだけ食べると、主食となる炭水化物は必要なだけ摂れますが野菜が不足します。

 

サラダやおひたし、お味噌汁やスープといった副菜などが付いてあるものを選びましょう。

 

また、カロリーが気になる時は、カロリーを表示してあるメニューから探します。

 

ファミリー向けのレストランでは塩分やカロリーがメニュー表に表示されているケースが多いので確認してから注文します。

 

それから、脂質が多い揚げ物は避けて、衣を除けてから食べる、油の多い汁は残すといった工夫も大切です。

 

これらのポイントを気にかけて、生活習慣病を悪化させないような食事をとるようにしましょう。

生活習慣病と外食関連エントリー