生活習慣病にならないためのナビ

生活習慣病の原因

生活習慣病になってしまう要因の中で、代表的なものに、食生活、運動、ストレス、休養、飲酒・喫煙があります。

 

食生活では人が生きる源となる食事をおろそかにしてしまうと栄養が足らなくなり、内臓などの働きが充分に行えず病気にかかりやすい身体になってしまいます。

 

また、特に最近気になるのが、高カロリー・高脂肪の食事です。

 

体に余分な脂肪を溜め込んで肥満を呼び込む原因になり、更には糖尿病や高失血症にもなってしまう危険があります。

 

そして運動ですが、健康的な生活を送ろうと思えば、適度に体を動かすことが必要不可欠ですね。

 

運動しないで過ごすと筋肉が減少して、体力自体も低下してしまいまいます。

 

それに運動には心肺機能を強化したり、新陳代謝を高めてくれたりする効果もありますし、体内の余分な脂肪を燃焼させる働きもあります。

 

よって運動をおこたると生活習慣病にかかる危険性を高めてしまうことになるのです。

 

それと、適度な休養も大事です。

 

仕事や家事、育児などの疲労は体に負担がかかります。

 

充分な休息と1日7時間ほどの睡眠は体をリフレッシュしてくれます。

 

しかし、満足のいく休養がとれないと病魔を呼び込む要因になるでしょう。

 

精神的な疲れも生活習慣病の原因で、ストレスから発症する場合も多くあるようです。

 

生活習慣病の発症と進行に拍車をかけてしまうのがタバコやアルコール!

 

タバコはよく知られている通り万病の元であり、有害物質の塊のようなものです。

 

アルコールも大量に飲めば肝臓などに大きなダメージを与え、高血圧、糖尿病、高脂血症になる原因となります。

 

上に挙げたような危険因子をなくすことで、生活習慣病の発症を予防できると言われています。

生活習慣病の原因関連エントリー