生活習慣病にならないためのナビ

生活習慣病予防と飲酒

生活習慣病にかかる方にはお酒好きの人がたくさんいるのではないでしょうか?

 

酒は「百薬の長」とも言われていますよね?

 

好ましい量の飲酒は善玉コレステロールを増加させ、血栓を作らせにくくさせて動脈硬化を予防し、血行や新陳代謝をよくするのにも効果的とされます。

 

しかし、飲む量が多すぎると肝臓やすい臓に大きな負担をかけ、アルコール依存症や食道炎の元になります。

 

アルコールは適量を守り、深酒をしないように心掛けるのが生活習慣病予防には肝要になってくるのです。

 

それでは、どのくらいの量が好ましいかというと、体型や体質で個人差がありますが、ビールなら中瓶1本(500ml)、日本酒は1合(180ml)、ワインならグラス1杯程度(約180ml)となっています。

 

これを過ぎる飲酒は体が持っているアルコール分解能力を超えてしまい、二日酔いになっってしまったり、急性アルコール中毒を起こしてしまったりします。

 

当然、生活習慣病にも悪い影響を与え、肝臓などの臓器に大変なダメージが残り、アルコール性脂肪肝や肝機能障害にかかる恐れもあるでしょう。

 

お酒を楽しむなら、週2日程度の休肝日を作って、大量に飲まないように気を付けましょう。

 

また、生活習慣病にとっては肥満は大敵だとされており、アルコールはカロリーも高いことので、飲酒日には食事を控えめにしておくのもうまくお酒を嗜好するポイントです。

 

さらに、おつまみには揚げ物を避けて高タンパク質のものを選択しだり、野菜中心のものを食べると摂取カロリーが低めにできます。

 

生活習慣病予防にならないためにも、アルコールは節度を守って飲みましょう。

生活習慣病予防と飲酒関連エントリー