生活習慣病にならないためのナビ

生活習慣病には禁煙を

生活習慣病から言えば煙草は原因の一つであり、症状を進行させる要因に挙げられます。

 

間違いなく、煙草は体に大きな悪影響を与えるのです。

 

有害成分はたいへんに多く含まれていて、動脈硬化を悪化させてコレステロールを酸化し、さらには血管を収縮させる作用から狭心症や心筋梗塞の原因にもなっています。

 

煙草が肺がんの原因になることはよく知られています。

 

煙草を吸う人の肺がん致死率は、非喫煙者の4倍以上とも言われ、また、吸っている人の子供が喘息になる割合は1.5〜2倍とされます。

 

がんだけではなく、煙草は生活習慣病を発症するリスクを高めてしまいますから、健康のためにできるだけ早く禁煙するのが賢明です。

 

近頃は禁煙するための商品がいくつも登場しており、使ってみるとよいでしょう。

 

その中で手軽に始められるのが禁煙パイプです。

 

特殊なフィルターを使い、それを毎日交換することで徐々にニコチンの量を減らして煙草を止められるようにするもので、体を慣らしながら無理なく行い禁煙でき、効果も高いとされます。

 

禁煙用のパッチやガム、経口剤もあります。

 

また、電子タバコも人気です。

 

ニコチンが入っている製品もありますが、煙草の代わりに香料を使っている禁煙グッズとしても話題になってきたグッズです。

 

見たところ煙草そっくりですから、生活習慣病予防のために禁煙したいけど思うように上手くいかない方にも納得のいく使用感だと評判です。

 

生活習慣病の症状が悪くなり、禁煙しなければならない場合などには禁煙外来を受診するという方法もお勧めです。

 

健康ため、動脈硬化やがんなどの病気にかからないためにも煙草は止めましょう。

生活習慣病には禁煙を関連エントリー